NEWS

ニュース

市場情報 2019/11/01 16:34:00

【夕刊】日経平均株価は反落、トヨタが年初来の高値を更新

 11月1日の東京株式市場は、日経平均株価が76円27銭安の2万2850円77銭と反落しました。

 日経225採用で値上り銘柄数は72、値下り銘数は150、変わらずは3。
 東証1部上場値上り銘柄数は801、値下り銘柄数1283、変わらずは70。
 全33業種中22業種が値下り。TOPIXは4営業日ぶりに反落。マザーズは前日と変わらず。

 東京株式市場は、米中貿易摩擦再燃との懸念を背景とした米国株安、円高・ドル安推移受け、下落しました。

 日経平均寄与度の高いところでは、ファーストリテイリング(東1:9983)、アドバンテスト(東1:6857)、コナミ(東1:9766)、KDDI(東1:9433)、東京エレクトロン(東1:8035)等が上昇。ファナック(東1:6954)、京セラ(東1:6971)、第一三共(東1:4568)、ユニファミリーマート・HD(東1:8028)、エーザイ(東1:4523)等が下落。

 東証1部市場では、今3月期第2四半期営業黒字転換着地のIMAGICA GROUP(東1:2440)がストップ高。中国・アリババグループのパートナー企業であるSunparl社と資本提携すると発表したアイドママーケティングコミュニケーション(東1:9466)がストップ高。今3月期第2四半期60.5%増着地のウェルネット(東1:2428)が大幅高する等しました。

 東証2部市場では、今3月期第2四半期営業利益2.9倍着地の都築電気(東2:8157)が急伸。今3月期業績予想を上方修正した明星電気(東2:6709)が上値追いとなる等しました。

 新興市場では、AIカメラによるリアル店舗解析ツールを提供する台湾のSkyREC Inc.と業務提携したと発表したアジャイルメディア・ネットワーク(東マ:6573)が一時ストップ高。今3月期第2四半期2.6倍着地のテクノホライゾン・ホールディングス(東JQ:6629)がストップ高する等しました。

 日経平均株価が反落したほか、直近で人気化していた半導体関連やリチウムイオン電池関連、全個体電池関連、量子コンピューター関連の材料株が冴えない展開となったものの、トヨタ自動車(東1:7203)が年初来の高値を更新しており、好決算銘柄を物色する流れは続くと予想する。

 また、CASE関連では、エクスモーション(東マ:4394)が続伸。宇宙関連では、明星電気(東2:6709)が続伸しており、このあたりが新たなテーマとなるか、物色の範囲が広がるか注目したい。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)