NEWS

ニュース

市場情報 2019/11/06 15:55:00

【夕刊】日経平均株価は続伸、好決算銘柄を物色する流れは続く

 11月6日の東京株式市場は、日経平均株価が51円83銭高の2万3303円82銭と続伸しました。

 日経225採用で値上り銘柄数は155、値下り銘数は68、変わらずは2。
 東証1部上場値上り銘柄数は1009、値下り銘柄数1039、変わらずは106。
 全33業種中24業種が値上り。TOPIXも続伸。マザーズは4営業日ぶりに反落。

 東京株式市場は、米国株堅調、円安・ドル高推移が後押し、指数自体は続伸しましたが、東証1部市場では、値上り銘柄数より値下り銘柄数が30上回りました。

 日経平均寄与度の高いところでは、アドバンテスト(東1:6857)、ユニファミリーマート・HD(東1:8028)、ファナック(東1:6954)、ファーストリテイリング(東1:9983)、京セラ(東1:6971)等が上昇。一方、アサヒグループホールディングス(東1:2502)、富士写真フイルム(東1:4901)、スズキ(東1:7269)、セコム(東1:9735)、東京エレクトロン(東1:8035)等が下落。

 東証1部市場では、今3月期第2四半期営業利益2.3倍に着地、20万株(0.96%相当)・2億5800万円を上限に自社株買い実施すると発表したシグマクシス(東1:6088)や、みずほ証券が投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価を1220円から1650円に引き上げたシャープ(東1:6753)が大幅高で年初来の高値を更新する等しました。

 東証2部市場では、東京大学の松尾研究室と介護施設向けAI検知システム構築に関する共同研究を開始したと発表したアイスタディ(東2:2345)がストップ高。今3月期第2四半期・通期業績予想を上方修正したテクノ菱和(東2:1965)が急騰する等しました。

 新興市場では、今6月期第1四半期黒字浮上したホープ(東マ:6195)や、NTTドコモからLTE/3G USBデータ通信端末「UX302NC-R」が販売開始されると発表したネクスグループ(JQ:6634)が一時ストップ高する等しました。

 日経平均株価は続伸し、連日の年初来高値更新。トヨタ自動車(東1:7203)が連日の年初来高値更新と堅調、多少高値警戒感から売られる銘柄も散見されるが、好決算銘柄を物色する流れは続くと予想する。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)