NEWS

ニュース

市場情報 2019/11/07 08:46:00

【11/7モーニングレビュー】全般は上値追いに慎重、ソフトバンクGの動向を注視

おはようございます。MTです。
11月7日(木)の市場予報「モーニングレビュー」をお送り致します。

━━━━━━━━━━
 前日の米国市場
━━━━━━━━━━

 11月6日の米国株式市場は、ダウ工業株30種平均の終値が前日比0ドル07セント(0.00%)安の2万7492ドル56セント。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同24.05ポイント(0.29%)安の8410.63。機関投資家が運用指標するS&P総合500種は同2.16ポイント(0.07%)高の3076.78。

 米国株式市場は、米中首脳会談は日時や場所が定まらず、12月になる可能性があると一部報じられ、12月15日に予定される対中制裁関税「第4弾」の発動が懸念されたことから、中国関連が売られ、ダウ株は前日とほぼ変わらず。ナスダックは4営業日ぶりに反落。S&P500は小反発しました。NY円17時(終値、速報値)1ドル=108円90銭〜109円00銭 20銭円高・ドル安。

━━━━━━━━━
 本日の日本市場
━━━━━━━━━

 東京株式市場は、米国株上げ一服、為替相場がやや円高・ドル安に推移していることから、全般は上値追いに慎重となりそうです。

 また、ソフトバンクグループが発表した7-9月期決算は最終損益が7001億円の赤字(前年同期は5264億円の黒字)と四半期ベースでは過去最大ですから、相場に及ぼす影響を注視していきますが、個別では、引き続き7-9月期決算好調銘柄を物色する流れは続くと予想します。




※尚、【本日の注目銘柄】【夕刊】も公開中です。
 無料情報一覧からそちらも是非ご覧下さいませ。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)