NEWS

ニュース

市場情報 2019/11/07 15:44:00

【夕刊】日経平均株価は3連騰、トヨタが連日の年初来高値更新

 11月7日の東京株式市場は、日経平均株価が26円50銭高の2万3330円32銭と3営業日続伸しました。

 日経225採用で値上り銘柄数は100、値下り銘数は120、変わらずは5。
 東証1部上場値上り銘柄数は984、値下り銘柄数1070、変わらずは99。
 全33業種中17業種が値上り。TOPIXも3営業日続伸。マザーズは反発。

 東京株式市場は、米国株小動き、円安・ドル高一服も、指数寄与度の高い銘柄の上げが指数を押し上げ、日経平均株価とTOPIX自体は上昇しましたが、日経平均採用銘柄、東証1部市場ともに、値上り銘柄数より値下り銘柄数が上回りました。

 日経平均寄与度の高いところでは、今3月期第2四半期営業利益大幅増益着地のオリンパス(東1:7733)をはじめ、ファーストリテイリング(東1:9983)、アドバンテスト(東1:6857)、リクルートホールディングス(東1:6098)、中外製薬(東1:4519)等が上昇。一方、7-9月期最終損益赤字のソフトバンクグループ(東1:9984)をはじめ、ダイキン工業(東1:6367)、信越化学工業(東1:4063)、テルモ(東1:4543)、セコム(東1:9735)等が下落。

 東証1部市場では、今3月期第2四半期営業利益88.7%増着地のサンデンホールディングス(東1:6444)が大幅高、今3月期純利益予想を増額したサンケン電気(東1:6707)が年初来の高値を更新する等しました。

 東証2部市場では、今3月期第2四半期営業利益78.0%増着地の高田工業所(東2:1966)がストップ高。今12月期第3四半期営業利益16.6%増着地のオーナンバ(東2:5816)が年初来の高値を更新する等しました。

 新興市場では、今9月期営業利益31.6%増予想のAmazia(東マ:4424)がストップ高。前9月期業績予想を上方修正したシダー(JQ:2435)が大幅高する等しました。

 日経平均株価は3連騰で、連日の年初来高値更新。主力のトヨタ自動車(東1:7203)が連日の年初来高値更新と堅調展開が続いており、物色意欲の旺盛な展開が期待されることから、多少外部環境が悪化しても、好決算や好材料を発表した銘柄を物色する流れは続くと予想する。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)