NEWS

ニュース

市場情報 2019/11/25 08:07:00

【11/25モーニングレビュー】全般はしっかり、材料株に短期資金流入へ

 11月22日の米国株式市場は、ダウ工業株30種平均の終値が前日比109ドル33セント(0.39%)高の2万7875ドル62セント。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同13.67ポイント(0.16%)高の8519.89。機関投資家が運用指標するS&P総合500種は同6.75ポイント(0.22%)高の3110.29。

 米国株式市場は、米中両国が貿易協議の進展を目指しているとの期待感が高まり、ダウ平均は4営業日ぶりに反発。ナスダックは3営業日ぶりに反発。S&P500は4営業日ぶりに反発しました。NY円17時(終値、速報値)1ドル=108円60〜70銭 5銭円安・ドル高。

 東京株式市場は、米国株反発を受け、主力株中心にしっかりした動きを予想します。日銀による株価指数連動型上場投資信託(ETF)買いが入っており、材料株を積極的に売り買いする短期資金の動きは活発化すると期待されます。

 また、引き続き光通信や同社会長の重田康光氏保有株の動向に注目していきます。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)