NEWS

ニュース

市場情報 2019/11/26 08:17:00

【11/26モーニングレビュー】全般は堅調継続、主力株中心に買い先行

11月25日の米国株式市場は、ダウ工業株30種平均の終値が前日比190ドル85セント(0.68%)高の2万8066ドル47セント。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同112.60ポイント(1.32%)高の8632.49。機関投資家が運用指標するS&P総合500種は同23.35ポイント(0.75%)高の3133.64。

 米国株式市場は、中国政府が米中貿易協議の焦点の1つである知的財産権の保護強化を発表したため、米中貿易協議の進展するとの期待感が高まり、ダウ、ナスダック、S&P500が揃って続伸し、最高値を更新しました。NY円17時(終値、速報値)1ドル=108円85〜95銭 25銭円安・ドル高。

 東京株式市場は、米国株最高値を受け、主力株中心に買い先行の動きとなります。下値には日銀による株価指数連動型上場投資信託(ETF)買いが入っており、信用売残が増加している銘柄には買い戻しを狙って短期資金が流入することも想定されます。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)