NEWS

ニュース

注目銘柄 2020/01/14 00:00:00

日経平均株価は堅調か

 13日の米国株式相場は上昇。NY市場は上昇。ダウ平均は83.28ドル高の28907.05、ナスダックは95.07ポイント高の9273.93で取引を終了した。トランプ政権が米中貿易交渉での第一段階目の合意署名を控えて、中国の為替操作国の認定解除を計画していることが伝わり、買いが先行。イランと米国間での緊張が一服したことも好感された。しかし、今週から始まる10-12月期決算シーズンを控えて上値は限られた。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や素材が上昇する一方でヘルスケア機器・サービスや電気通信サービスが軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の23940円。ADRの日本株はファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、ANA<9202>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、東京海上HD<8766>、資生堂<4911>、富士通<6702>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.93円換算)で全般堅調。

■今日の注目銘柄
 ◎ローツェ<6323> 20年2月期の連結経常利益を従来予想の59.9億円→74.5億円に24.2%上方修正。増益率が0.4%増→24.7%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。半導体メーカーの設備投資意欲が昨年後半から回復し、半導体関連装置の販売が想定より伸びることが寄与。ベトナム生産子会社の新工場棟が稼働し、生産効率が改善することも上振れに貢献する。

 ◎エスプール<2471> 19年11月期の連結経常利益を従来予想の12.4億円→16.2億円に30.3%上方修正。増益率が23.9%増→61.5%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。障がい者雇用支援サービスで利益率の高い設備販売が伸びたことが寄与。販売実績は922区画となり、計画を大幅に上回った。アウトソーシングサービスの収益改善に加え、採用支援サービスに関する助成金を受領したことも上振れに貢献した。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)