NEWS

ニュース

注目銘柄 2020/01/23 00:00:00

日経平均株価は軟調か

 22日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比9ドル77セント安の2万9186ドル27セントと小幅続落。ナスダック総合株価指数は、同12.961ポイント高の9383.768だった。

 23日の東京株式市場は、やや売り優勢の展開となることが予想される。前日の米国株市場では主要株指数が高安まちまちの展開となり、NYダウは小幅に下げたものの、ナスダック総合指数はプラス圏を維持した。アップルが半導体メーカーにiPhone向けの増産要請をしたことが伝わり、半導体関連銘柄が買われて全体相場を支えたことは、東京市場でも同関連株にポジティブ材料となる。一方、ボーイングやキャタピラーなど中国関連株の一角が安く、引き続き新型肺炎の感染拡大に対する警戒感が強いなか、東京市場でも影響を受けそうだ。また、きょうは引け後に日本電産<6594>の決算発表予定されており注目される。日本電産以外にも国内企業の決算発表が本格化することで、これを横目に思惑が交錯しそうだ。

■今日の注目銘柄
 ◎ファルコHD <4671> 20年3月期の連結最終利益を従来予想の5億円→15億円に3.0倍上方修正。従来の23.4%減益予想から一転して2.3倍増益見通しとなった。火災事故からの早期復旧やコンパニオン診断薬の堅調な販売に加え、調剤薬局事業の収益改善が上振れに貢献する。受取保険金が想定を上回ることなども最終利益を大きく押し上げる。

 ◎システムサポ <4396> 20年6月期上期(7-12月)の連結経常利益を従来予想の2.7億円→3.7億円に33.1%上方修正。増益率が9.9%増→46.2%増に拡大する見通しとなった。クラウドサービス利用支援の受注拡大に加え、消費税率の改正に伴う機器・ライセンス販売の増加やソリューション事業における大型案件の前倒し計上なども寄与した。販管費の抑制や下期以降への繰り延べも上振れの要因となった。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)