NEWS

ニュース

注目銘柄 2020/02/10 00:00:00

日経平均株価は軟調か

 7日の米国株式相場は下落。ダウ平均は277.26ドル安の29102.51、ナスダックは51.64ポイント安の9520.51で取引を終了した。1月雇用統計で非農業部門雇用者数が22万5千人増と予想を上振れ、平均時給の伸びも増加したことから利益確定の動きが先行。中国ではコロナウィルスによる新型肺炎の死者が増加しており、中国経済の鈍化懸念により終日軟調推移となった。セクター別では、電気通信サービスや食品・飲料・タバコが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が下落した。

 7日の東京株式市場で日経平均株価は、小反発が想定されている。前日の米国株式市場は上昇。東京株式市場はきのう大幅安となったこともあり、きょうは小高く始まるとみられる。ただ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大懸念は、依然として投資家心理を圧迫している。月末・週末のポジション調整もあり、積極的に上値を追う展開にはならないという。

■今日の注目銘柄
 ◎ゴルドウイン <8111> 20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比42.6%増の164億円に拡大して着地。「ザ・ノース・フェイス」を中心にアウトドアブランドの好調が継続したほか、ラグビーワールドカップ閉幕後も「カンタベリー」ブランドの売れ行きが伸びた。直営店や自社ネット通販の売上拡大に加え、販売ロス削減なども大幅増益につながった。直近3ヵ月の10-12月期は消費税増税や暖冬といったマイナス影響があったにもかかわらず、売上高、経常利益ともに四半期ベースの過去最高を達成した。通期計画の160億円をすでに3.1%上回っており、業績上振れが期待される。併せて、今期の年間配当を従来計画の65円→75円(前期は1→2の株式分割前で85円)に増額修正した。

 ◎日本ドライ <1909> 20年3月期の連結経常利益を従来予想の17.5億円→23億円に31.4%上方修正。増益率が0.6%増→32.3%増に拡大し、4期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。防災設備事業で都市再開発やリニューアルなどの大型案件の工事が進んだことに加え、プラント施設の工事案件が増加することが収益を押し上げる。予想PERが11.0倍→8.7倍に低下し、割安感が強まった。併せて、発行済み株式数の1.27%にあたる9万株(金額で1.5億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。

ニュース一覧に戻る

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)