THEME STOCKS

チェックすべき人気テーマ株

テーマ株・関連銘柄

5G(第5世代移動通信システム)関連

インターネット環境やスマートフォンの機能の発展で、高画質な動画やゲーム、AR(拡張現実)などデータ容量の大きなコンテンツが急増。また、IoT(モノのインターネット)の進展もデータ量の拡大による、データの処理速度や処理に伴う電力消費量の増加を背景に、「超高速・大容量通信」、「多数同時接続」、「超低遅延」を可能とする技術、5G(第5世代移動通信システム)に期待が高まっている。

 5Gは、大容量のデータを瞬時に送受信できる第5世代の通信規格で、実効速度は現行の第4世代 の約100倍。1平方キロメートル当たり100万台と大量の端末と同時につなげるため、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の基盤となる。通信の遅れは従来の約10分の1とほとんど発生しないのも特徴で、高い安全性が求められる自動運転や遠隔医療といった分野での活用が期待されている。総務省は東京五輪がある2020年までに、日本国内で5Gのサービス開始を目指す。

 10月21日付の日本経済新聞朝刊が「韓国サムスン電子とNECは次世代無線通信規格「5G」向け基地局の開発・販売で提携する。製品を分担して開発速度を上げ、まず5Gの実用化が近い日米市場を開拓する。米国などで世界最大手の華為技術(ファーウェイ)など中国製品の調達を制限する動きが広がっており、世代交代 を機にシェア拡大を狙う。」と報じたことから、関連銘柄に見直し機運が高まっている。以下関連銘柄。

 ●サイバーコム(東1:3852)… 富士ソフト傘下で、通信ソフトウェア開発や制御ソフトウェア開発を行っている。

 ●富士通(東1:6702)… 富士通研究所にて5Gスモールセル向け基地局の低消費電力技術を開発している。

 ●アンリツ(東1:6754)… 通信計測器系の有力企業で、WirelessからWiredにわたる技術を生かし5Gのサービスを展開している。

 ●アルチザネットワークス(東2:6778)… 携帯電話の基地局向けなどの通信計測器を開発。5G対応のデータ処理迅速化などの研究開発に取り組む。

 ●ヨコオ(東1:6800)… 車載用アンテナや社会インフラ用システムを開発。5Gに対応するシステムの開発も行っている。

 ●アイレックス(JQ:6944)… NECグループやパナソニックグループを主要販売先にシステム開発を手掛ける。通信コア技術に強みを持つ。

 ●理経(東2:8226)… 5G回線の送受信に向けたMIMOアナライザーのサービスを展開している。

 ●アイエスビー(東1:9702)… 携帯基地局向けのソフトウェア開発が中心で、Wi-SUN規格を利用したIOT機器等、同社の新事業の柱として伸長が期待される。

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)