THEME STOCKS

チェックすべき人気テーマ株

テーマ株・関連銘柄

MRJ(三菱リージョナルジェット)関連

三菱航空機および三菱重工業は11月11日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機初号機による初飛行を実施。三菱重工業は10月31日に国産ジェット旅客機「MRJ」の開発子会社、三菱航空機(愛知県豊山町)に2200億円の財務支援をすると発表した。同日都内で開いた決算会見で三菱重工の宮永俊一社長は「(商用運航に必要な)型式証明取得の準備は順調だ」と強調。2020年半ばの初号機納入にめどが付きつつあることを明らかにしており、市場の関心を集めている。

 MRJは世界最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備えた70~90席クラスの最新鋭小型ジェット旅客機。リージョナル機として初めて複合材を本格的に採用、新型エンジンの搭載や最先端の空力設計などとも相俟って、燃費の大幅な低減を実現、エアラインの競争力と収益力の向上に大きく貢献す る。さらに、最新の設計手法、要素技術、材料・加工法などを導入、客室の快適性や環境負荷の低減などにつなげている。航続距離は約1800~3700キロで、国内の地方路線や、日本とアジア近隣を結ぶ路線での運航が期待されている。

 米イースタン航空が40機分の注文をキャンセルしたが、受注数はANAHDや日本航空、米航空会社などから407機(基本合意含む)あり、2022~23年頃には月産1~2機、中長期では月産10機の実現を目指しており、関連銘柄が折に触れ物色される可能性はある。以下関連銘柄。

 ●東レ(東1:3402)… MRJ向けに、炭素繊維複合材料(CFRP)を適用した尾翼部品(スパー、スキン・ストリンガーパネル、リブ)を開発・製作、MRJ量産機用部品を出荷。

 ●ナブテスコ(東1:6268)… 航空機の飛行姿勢を制御するフライト・コントロール・アクチュエーターの世界有数のメーカーで、わが国企業としてNo.1の納入実績を持つ。MRJの主要システム製作に参画するパートナー。MRJフライト・コントロール・アクチュ エーターを担当。

 ●住友精密工業(東1:6355)… 中型機クラスでは設計・開発・製造が行える世界でも有数の降着システムメーカー。MRJの主要システム製作に参画するパートナー。降着システムを担当。

 ●ジャムコ(東2:7408)… ジェットエンジン部品、炭素繊維構造部材などを製造し、高度な品質で安全を確かにする特殊工程技術に強み。MRJの動翼設計で参画。炭素繊維複合材を使った軽量かつ高強度な、エルロン(補助翼)と主翼上面に取り付けるスポイラーを、三菱航空機と共同で設計。

 ※三菱重工業(東1:7011)を含めたこれら関連銘柄のほか、日揮(東1:1963)、三菱ケミカルHD(東1:4188)、三菱電機(東1:6503)、トヨタ自動車(東1:7203)、三井物産(東1:8031)、住友商事(東1:8053)、三菱商事(東1:8058)としたMRJに出資している銘柄にも市場の関心が向かうか注目される。

ご不明な点や要望など遠慮なくご相談ください。
知識・経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

mailお問い合わせ
Webサイトは24時間受付
mobile03-6908-7462
平日9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)